規定について

国や都道府県や市町村や自治体をあげて、推進をしている発電の方法だと紹介をしました。
では具体的に、補助金の制度というのはどういったものなのでしょうか。
申請をすることで、一部お金が戻ってくることになります。
インターネット上にて、申請をすることも出来るようになっています。
導入をする前に制度を受けることが出来るのか、確認をするのも良い方法かと思います。
まず注意をしておきたいのが、年度によって決まりが違うということです。
負担をしてもらえる金額も違います。
予算が決められておりその予算内で支払いがされることになります。
そのため、年度によっても金額が変わってくるということなんですね。
後は早い者勝ちという点もあります。
枠が決まっているため、沢山殺到をしてしまった時には順番になってしまいます。
出来る限り早く申請をするのが、賢い方法とも言えます。
そして年度によって、申請が出来る出来ないという点も変わります。
まずモジュールが適用機種かどうか、確認をする必要があります。
適用外の場合は、残念ながら申請をすることが出来ません。
そして次に、出力についても考えなくてはいけません。
モジュールの出力はだいだいどれぐらいの値なのか。
またパワーコンディショナーの出力の値も確認をして、どちらかが10kW未満である必要があります。
10kwを超えている場合は、同じく申請をすることが出来ません。
またモジュールの価格についても規定があります。
1kwに対して55万円以下と決められています。
この値を超える場合は、補助を受けることが出来ないのです。
順番に説明をしましたが、申請をするためには規定をクリアしている必要があります。
設置をしてから規定外だったと分かっても遅いでしょう。
そのため、あらかじめ確認をしてから太陽光発電の導入を考えるようにしたいですね。
せっかく利用が出来る制度ですから、無駄にならないようにしたいです。
説明をした規定は、今後変わることもありますので注意してください。