仕組みを知ろう、太陽光発電

暮らしやすいようにと開発が進んで、現在は便利な世の中になりました。
しかしその見返りとして、自然破壊がすすんだりですとか、空気が汚れてしまったり、また地球温暖化などの環境問題も抱えることになりました。
便利な生活を続けていくことも大切ですが、地球の環境問題について取り組むことも大切です。
現在エコ活動がされるなど、さまざまな取り組みがされるようになりましたが、今後も続けていかなくてはいけません。
環境問題について興味が高いという方もいらっしゃるでしょう。
色々な取り組みが出来ますが、太陽光発電についてもそのうちの1つですね。
ではどのような仕組みになっているんでしょうか。
まず必要なものになるのですが、発電をするためのパネルが必要になります。
ソーラーパネルですとか、モジュールともよばれています。
一軒家の屋根に取り付けされているのを、見かけたことがありませんか。
青色をしていて光っているものという、イメージもあるかもしれませんね。
太陽の光を吸収する役目をしてくれます。
そして、そのモジュールをのせるための台が必要になります。
直接屋根などに取り付けをするということではなくて、台の上に乗せるという仕組みになっています。
次にパワーコンディショナーです。
何をするものかというと、吸収をした太陽のエネルギーを電力に変換をする役目を担っています。
ちなみに、パワーコンディショナーとモジュールは線で繋がれています。
途中接続箱があり、きちんとエネルギーが送られるようになっています。
その後各家庭の部屋などに送られるように、屋内分電盤などがついています。
発電をした電気を、1階のリビングで使ったりですとか、2階の洋室で使ったりですとか、もしくは洗面所や台所など、色々な所で使えるように電気が送られるという仕組みです。
発電をして電気を作って送るという、一連の流れがあるということですね。
太陽光発電の仕組みとして知っておきましょう。